北上小学校 ミシマサイコの苗の移植作業

6月16日、三島市立北上小学校 花壇において、「ミシマサイコの苗の移植作業」が、実施されました。この活動は、活力あるまちづくりを推進する「市民主体のまちづくり活動費補助事業」の一環として行われているもので、絶滅危惧種のミシマサイコを守るため昨年2月に設立された「ミシマサイコの会」会員の皆さん指導の下、5、6年生の園芸委員14名が、移植作業を実施しました。ミシマサイコの名前の由来や歴史などの説明を受けたのち、会員の皆さんが、種をまき大切に育てた苗 24株を、ていねいに植え付けました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加