ラ~ラ♪にぎわいの森

1.全員「ラーラ♪にぎわいの森」

2.女の子「もし、わたしといっしょにブラン、ブランしてくれる人がとなりにいてくれたら、たのしいだろうな。ブラン、ブラン。
きょうも、ひとりでブラン、ブラン」
 クラスメートA「あのこ、なんか、かわってるね」
 クラスメートB「うん。そうだね」
 女の子「トモダチってどうしたら、できるのかな?」

3.女の子「あ、キツネさん。かわいい」
 キツネ「ねえ、あそぼ」
 女の子「え! あなた、コトバをはなせるの?」
 キツネ「うん。ねえ、あそぼ。こっちにおいで」
 女の子「え?」

4.キツネ「こっち、こっち」
 女の子「まってよ、ねえ。わたしいつも、ひとりぼっちなの。あのね、んとね、トモダチになってくれるの?」
 キツネ「うーんと、ね。    さきに、にぎわいのモリにいってまってるね」

5.女の子「わあ、なにこれ!」
 キツネ「すごいでしょ」
 タヌキ「いらっしゃい、いらっしゃい。いなべのフルーツをつかったケーキだよ」
 ノウサギ「ボクのパンだってぜっぴんだい」
 ヤモリ「おじょうさま、
 カフェでひとやすみしませんか」
 イタチ「やさいにチーズ、ワインはいかが?」
 フクロウ「おにくのパテもおいしいよ」
 ネコ「いっしょにおどりましょ」
 タヌキ「あ、にんげんがいるぞ!」

6.タヌキ「やい、にんげんめ! どうしてここにやってきた?」
 どうぶつたち「そうだ、そうだ!」
 女の子「あのね、わたしね。あのね……。トモダチがほしいの。トモダチになって」
 タヌキ「ボクはおんがくがだいすきだ。じょうずにうたえたらトモダチになってやる」
 女の子「わたし、おうた、だいすき」

7.ノウサギ「なんてきれいなこえなんだ!」
 フクロウ「ホーウ、ホーウっていっしょにうたいたくなってきた」
 タヌキ「よし、ボクはおなかでリズムをとるよ。ボクもいれて」
 どうぶつたち「わたしも! ボクも」

8.タヌキ「やるじゃないか。トモダチになろう」
 女の子「やったー」
 キツネ「よかったね」
 ノウサギ「ボクのパンも、たべてよ」
 イタチ「うちのチーズは、おいしいよ」
 フクロウ「ボクのウインナーもたべて」

9.トンビ「ボクもトモダチになってほしいな」
 女の子「いいよ」
 トンビ「ほんと。じゃあ、トモダチのしるしにこのきれいなにぎわいのもりをそらからみせてあげる。ボクのせなかにのって」
 女の子「せなかに?」

10.トンビ「じゃあ、いくよ。えい!」
 女の子「たかーい! きれいなけしきだね」
 トンビ「ボクはこのもりがだいすきなんだ。ここは、みんななかよくなれるから」
 女の子「また、ここにきてもいい」
 トンビ「うん」

11.女の子「たかーい!たかーい……あれ?ゆめだったの?せっかくみんなとトモダチになれたのに」

12.女の子「ゆめでみた、このばしょはさいきんできたんだ。ゆめのせかいと、そっくり」
 クラスメートA「あ、あのこだ」
 クラスメートB「ほんとだ」
 女の子「やっぱり、わたしはひとりぼっち。あ、あれは……」

13.女の子「キツネさん!」
 キツネ「ねえ、うたってよ。このまえみたいに、きれいなこえをきかせて」
 女の子「そんな、こわいよ」
 キツネ「だいじょぶ」
 女の子「う、うん」

14.クラスメートA「きれいなこえ。あのこ、すごーい」
 クラスメートB「うっとりする。トモダチになりたいな」
 女の子「わあ、すごいひと。そうか、ラララ、ってうたえばいいんだ。ラララ、でみんなとトモダチになれる」
 全員「(拍手して)ねえ、あそぼ!」

15.全員「おしまい」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加