いなべファミリー税金クイズ大会

いなべファミリー税金クイズ大会
放送日2017年12月24日〜31日

10月29日(日曜日)、北勢市民会館で、「いなべファミリー税金クイズ大会」が開催されました。これは国税庁の取り組みで11月11日から17日までの「税を考える週間」を前に桑名法人会が開いたもので、多くの小学生とその家族が参加しました。税務行政が円滑に施行されるよう地域社会貢献事業としての研修会や租税教育活動などを行っている「桑名法人会」。この日は豪華な賞品も用意され子供達にいなべ市に関する問題と税金の問題が出されました。先ずは日沖いなべ市長からのヒントを参考にマルバツのいなべクイズです。このいなべクイズでは市内の小学校は11校である事や、昔、いなべ市にはスキー場があった事。そして市章の色は青・オレンジ・緑の3色という事を学んでいました。そして児童達が頭を抱えたのが高塚桑名税務署長から出された税金クイズ。全国で家庭から出るゴミの処理費用や社会保障・税番号制度のマイナンバーの桁数はいくつ?と言った難しいクイズが出されました。参加者した児童の中には、この日のために図書館で「税金の大辞典」という本を借りて勉強してきた子もいるなど皆さん真剣に取り組んでいたいなべファミリー税金クイズ大会。今年初出場で最優秀賞を受賞した員弁西小学校の5年生一木勇貴(いちきゆうき)君は、「想像以上に難しかったけど税金の事を色々と知る事が出来て良かったです」と嬉しそうに感想を話していました。上位入賞の皆さんおめでとうございます。
「答え」
●全国で家庭から出るゴミ処理費用2兆3千8億円(平成27年度)
●マイナンバー個人12桁・法人13桁

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加