津軽三味線「和胤」

放送日2017年3月19日〜25日 
タイトル 津軽三味線「和胤」
              
2月18日(土曜日)、北勢市民会館さくらホールで、いなべ市文化協会主催のいなべ縁(ゆかり)コンサート津軽三味線「和胤(わいん)」~第1章津軽への旅~と題したコンサートが開催されました。出演は愛知県を中心に活躍し津軽三味線「和胤」を主宰する神谷茂良(かみやたかふみ)さんとそのメンバー。中にはいなべ市在住の池田貴彦(たかひこ)さんもいて会場にはその姿を見ようと多くの人が訪れました。池田さんは20歳の頃、神谷さんの演奏を聞き、その素晴らしさに衝撃を受けてから津軽三味線に打ち込みました。現在は演奏指導も行っています。この日は津軽民謡歌手の中村仁美(なかむらひとみ)さんのソーラン節やドンパン節など、その透き通った歌の披露もありました。そして会場が大いに盛り上がったのが「じょんがら曲弾(きょくび)き」の掛け合いです。この迫力ある和胤の舞台に観客の1人は、「今まで津軽三味線というとかたいイメージがありましたが、遊び心があってとても楽しい舞台でした」と感想を話していました。また地元いなべ市で満員の中演奏していた池田貴彦(いけだたかひこ)さんは、「熱心に聞いて頂けて本当に嬉しかったです。一市民としてこのような機会を頂き感謝の気持ちでいっぱいです」と話していました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加