平成27年いなべ市成人式

放送日:平成27年2月8日〜14日放送 
タイトル:平成27年いなべ市成人式
1月10日(土曜日)、市内4つの会場で、「いなべ市成人式」が挙行され、586人の新成人が人生の新たな門出を迎えました。各会場では、新成人で構成された実行委員会の皆さんが中心となって一生の思い出に残る成人式にしようと司会や進行を行いました。式典で日沖靖いなべ市長は、去年いなべ市で撮影された中京テレビ開局45周年の記念ドラマ「マザーズ」の内容に触れ、「人はみんなで支え合って生きています。命の尊さを再認識して幸せな人生を歩んで下さい」と祝辞を述べました。大安会場の新成人代表、萩原良さんの誓いの言葉です。変わって員弁会場でも成人としての自覚を胸に真剣な面持ちで式に出席する新成人の姿が見られました。また会場には、家族の姿も見られました。子供達の晴れ姿を見届けていた一人は、「今日と言う日を迎えられてほっとしています。人に迷惑をかけることなく自分の信じる道をしっかり歩んでいってほしいです」と話していました。多湖雄飛さんです。また、北勢会場でも艶やかな振り袖や羽織袴などの正装に身を包んだ新成人がそれぞれ目標や夢を抱きながら出席していました。ひと言ひと言噛みしめるように誓いの言葉を述べたのは、伊藤沙織さんです。そして恩師代表で辻幹男先生が祝辞を述べました。中学生最後の英語の授業で話したという「大きな木」の内容を例に挙げ、「見返りを期待することなく、自分の持っているものを人に与えるのが愛」とお祝いの言葉を贈っていました。さらに、藤原会場でもこれまで支えてくれた仲間や家族に感謝する新成人の姿が見られました。こちらでは、小林恵さんが熱い想いを述べました。式典終了後、中学校卒業の時に保管したタイムカプセルの開封も行われ、久しぶりに再会した仲間と一緒に当時を懐かしむ姿が見られました。新成人の皆さんおめでとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加