人権擁護委員「感謝状・委嘱状伝達式」

放送日平成27年5月3日〜9日放送 
タイトル 人権擁護委員「感謝状・委嘱状伝達式」
4月15日(水曜日)、いなべ市役所大安庁舎で、人権擁護委員を退任する方への感謝状と、新たに任務につく方へ委嘱状の伝達式が行われました。人権擁護委員は地域の皆さんから人権相談を受け、問題解決のお手伝いをする他、人権について関心を持ってもらえるよう啓発活動を行います。任期は3年。現在、法務大臣から委嘱された人権擁護委員が、全国の各市町村でおよそ1万4千人活動しています。そんな中、いなべ市で人権擁護委員を2期、6年間務めた畑中准子さんと、日沖香子さんは、「優しさや思いやりの大切さを痛感した6年間でした。これからもこの経験を糧に啓発に務めていきたいです」と挨拶しました。また今年度からは、継続して2期目の任務につく出口朋玉さんと、新任の畑中初子さん、そして一色歌子さんが地域の皆さんの人権が守られるよう様々な活動に取り組みます。この後、員弁地区人権擁護委員連絡会の定期総会が開かれ、本年度の活動に関する話し合いが行われました。この日、初めて人権擁護委員として総会に参加した畑中さんと一色さんは、「これまでの人生経験を活かして人権と向き合い、目には見えないけど私達にとって大切な人権について広められるよう微力ながら頑張っていきます」と抱負を話していました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加