愛知県指定文化財(第23号)「尾張旭市の棒の手」【※紹介のみ】

DVD「尾張旭市の棒の手」より抜粋。

「尾張旭市の棒の手」とは…
元々は昭和33年3月29日に「旭町の棒の手」として愛知県無形文化財に指定されていましたが、無形民俗文化財に再指定されました。棒や木太刀を使う武術的な民俗芸能で2人から5人の演技者が型に従って演技します。
五穀豊穣などを願う神事芸能として、また農民の自衛手段として受け継がれてきました。
流派によって違いはありますが、本来の棒や木太刀を使った神事的要素の強い「表」または「本手」といわれる型と、観衆を楽しませるためのキレモノ、真剣等を使った「花棒」または「祭礼棒」があります。
市内では無二流、検藤流、直心我流、東軍流、直師夢想東軍流の5つの流派が、それぞれの技を今に伝えています。

※本映像は、文化庁文化遺産総合活用推進事業補助金を活用し、制作されたものです。
「尾張旭市の棒の手」を後世まで末永く伝承するために、尾張旭市棒の手保存会の協力のもと作成しました。
本編/33分
企画・製作/愛知県指定無形民俗文化財「尾張旭市の棒の手」伝統伝承記録映像作成実行委員会
制作年度/平成29年度

本市図書館にて全編視聴可。貸出も行っています。【※この動画は冒頭の紹介部分のみ】
≪尾張旭市立図書館HP≫
http://www.city.owariasahi.lg.jp/kurasi/kyouiku/shougaigakushuu/tosho/index.html

〉〉関連動画(流派紹介)
○「無二流」
https://youtu.be/0vW2HPLZ6nU
○「検藤流」
https://youtu.be/iTN3pRCxv1Y
○「直心我流」
https://youtu.be/vufrS1gO1zg
○「東軍流」
https://youtu.be/G53pElIU0o4
○「直師夢想東軍流」
https://youtu.be/j9sDzMJzwiQ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加