福島県知事メッセージ「2018年3月11日のメッセージ」

◆概要
 この動画は、東日本大震災及び原子力災害から7年を迎える平成30年3月11日に、内堀雅雄福島県知事が公表するメッセージです。
 震災や原発事故の風化が進む中、私たち県民は、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、復興への思いを新たにするため、平成24年3月11日以降、毎年、公表しています。
 
◆タイトル 知事メッセージ「2018年3月11日のメッセージ」
 日本語 1,288字、約5分  英語 785単語、約7分

◆「3月11日知事メッセージ起草委員会」委員(※50音順)
 内堀 雅雄    福島県知事(委員長)
 菊池 克彦    福島民友新聞社 編集局長
 菊池 信太郎  認定NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク 理事長
 鞍田 炎  福島民報社 編集局長
 佐々木 孝司  新地町教育委員会 教育長
 蜂須賀 禮子  大熊町商工会 会長
 本多 環     福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 特任教授
 横田 純子    特定非営利活動法人素材広場 理事長

◆「2018年3月11日のメッセージ」の概要
・震災から7年になり、復興に向けた光が強さを増す一方、今なお5万人近い県民が避難生活を続けており、根深い風評被害や震災記憶の風化など、未だに重い課題を抱えています。
・前例のない困難な課題に立ち向かっていくためには、皆が協力し合い、果敢にチャレンジしていくことが必要です。
・新たな郷土の誇り、ふくしまプライドを共に創り上げていきましょう。

◆平成29年度 3.11ふくしま追悼復興祈念行事の概要
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kikaku-311-2018-01.html

◆お問い合わせ先
 福島県企画調整課
 〒960-8670 福島市杉妻町2-16 (本庁舎5階)
 Tel: 024-521-8627(内線2308・2309)
 Fax: 024-521-7911(内線5511)
 E-mail: tsuito@pref.fukushima.lg.jp

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加