福島の土木遺産″十六橋水門″ ~安積疏水の原点を訪ねて~

不毛の原野に潤いをもたらした、明治初期の大事業「安積疏水」。
その成功の鍵を握ったのは、とある水門でした。
日本遺産・安積疏水,
そのシンボルともいわれる「十六橋水門」をご紹介します。

【十六橋水門】
猪苗代湖の西を流れる日橋川に架かる。
安積原野へ水を流すために、猪苗代湖の水位を調整。安積疏水工事で一番初めに工事が始まった。
100年以上の時を刻む石積みの門柱と、16の石造のアーチも歴史的価値が高く、平成14年度には、土木遺産(土木学会)に認定されている。
戊辰戦争の激戦の地でもある。
(耶麻郡猪苗代町翁沢大字船場〜会津若松市湊町赤井戸ノ口)

【安積疏水】
日本近代化のため大久保利通が開さく事業を推進。明治政府初となる国営事業で、郡山(安積地方)発展の礎となった。
そのストーリーは、“未来を拓いた「一本の水路」”として、平成28年、日本遺産(文化庁)に認定された。

http://www.asakasosui.jp/history.html
(安積疏水土地改良区)

http://www.kanko-koriyama.gr.jp/asaka-sosui/
(未来を拓いた「一本の水路」)

【出演】
薄井 ちなみさん(福島美少女図鑑)
橋本 一也さん(安積疏水土地改良区)

【使用音源】
Emotional Inspiration
https://market.envato.com

★福島県公式チャンネルでは、福島県の四季の魅力や、さまざまな最新情報、楽しい動画を続々公開しています。
チャンネル登録よろしくお願いします!→https://www.youtube.com/user/PrefFukushima

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加