みんなでつくる“わ”のまち能代 (秋田県)

能代市は、秋田県北西部に位置し、北は世界自然遺産「白神山地」、西は雄大な日本海に­面し、東は出羽山地の緑豊かな森林地帯となっています。また、県都秋田市には60km­~80kmの圏内にあります。

 鉄道や日本海沿岸東北自動車道(日沿道)等陸路のほか、大館能代空港や秋田空港を経由­する空路からのアクセス手段もあり、全国の主要都市とのアクセス網が整備されています­。

 能代市には、全国大会で58回の優勝を誇る能代工業高等学校があり、バスケを核にした­地域振興を図ろうと「バスケの街づくり」事業に取り組んでいます。

 また、JAXAの付属研究施設である能代ロケット実験場が市内にあることから、子ども­館には宇宙にちなんだ模型等を展示しているほか、能代宇宙イベントや銀河フェスティバ­ルの開催で「宇宙のまち」を全国にPRしています。

 二ツ井町にあるきみまち阪公園は、明治天皇の長旅を気遣う皇后からの手紙“恋文”が手­渡されたことから「きみまち阪」と名付けられました。命名の由来にちなみ、旧二ツ井町­では「きみまち恋文全国コンテスト」が開催されたほか、同公園に恋文神社や恋文ポスト­、きみ恋カフェ、きみまち恋文ギャラリーなどを開設するなど「恋文のまち」として、特­色を活かした街づくりを推進しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加