水資源保全全国自治体連絡会シンポジウムin北海道ニセコ町

2018年10月4日(木)に、北海道ニセコ町において、「水資源保全全国自治体連絡会シンポジウムin北海道ニセコ町」を開催しました。
水資源保全全国自治体連絡会は、地域の水資源がその地域の貴重な財産であるという認識のもとに、水資源の保全を図り、将来にわたり有効活用できるよう、関係自治体等の連携による情報ネットワークの構築を目指して、平成26年7月に設立し、栁田長野県佐久市長が会長を務めています。現在、全国146の自治体等とともに、水資源保全に関する活動を行っています。
本シンポジウムでは、地域共有の貴重な財産であり、豊かな自然の恵みである地下水等水資源が次世代に引き継ぐべきものであることを、全国に発信しました。

#水資源 #水循環 #佐久市 #長野県 #ニセコ #niseko  
#北海道 #地下水 #湧水 #次世代 #自治体 #ネットワーク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加