週刊あじさい令和元年9月前半  10月からスタート。幼児教育・保育の無償化

毎年長崎市では、3,000人近くの赤ちゃんが誕生しています。子育てを行ううえで気になるのが、教育費などのお金ですよね。
今回は、10月からスタートする幼児教育・保育の無償化についてご紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加