長崎の新・ご当地グルメ「長崎そっぷ(和風)」レシピ

長崎の魚を使った新・ご当地グルメをご家庭で!
「そっぷ」とはオランダ語で「スープ」のこと。
鎖国時代、出島のオランダ商館で食されていた味わいを、長崎の魚を使って現代風にアレンジ。
ご家庭で、ぜひ作ってみてください。

【材料】
アマダイ(白身魚) 200g
すり身 50g
板付かまぼこ 50g
(A)白菜 2枚、人参 1/2本、白ネギ 1本、えのき 1/2パック、豆腐 1/4丁
(B)焼きあごだしつゆ 90g、 水 900cc、お好みで塩少々

【作り方】
① アマダイは食べやすく切り、全体に軽く塩をふり10分置く。
② ①のアマダイを沸騰した湯にくぐらせる。
③ すり身とかまぼこは食べやすく切る。
④ (A)の野菜などは食べやすく切る。
⑤ (B)であごだしスープをつくる。
⑥ 鍋に④を並べ、上に②と③をのせてあごだしスープを注ぎ、ふたをして火にかける。
  穴から蒸気が出たらできあがり。

新・ご当地グルメが食べられる店舗はこちら→→→http://nagasaki-sakana.com/local-gourmet/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加