週刊あじさい H29年12月前半 住み慣れた町で自分らしく暮らしていくために

高齢化が進む今、長崎市では医療や介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、「地域包括ケアシステム」のしくみづくりに取り組んでいます。
 今回の「週刊あじさい」では、その中核となる地域包括支援センターについてお伝えします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加