郷土愛が生んだ 門司猿喰あまざけ/好きっちゃ北九州(平成31年1月29日放送)

江戸時代に開拓された門司区の猿喰(さるはみ)新田では今でも米作りが行われています。その米で作られた「門司猿喰あまざけ」が、昨年長野県で開かれた甘酒鑑評会で名誉審査長賞を受賞。作ったのは、地元の有志「さるはみブランド委員会」の皆さん。「郷土の歴史を後世に伝えたい」「地域を活性化させたい」との思いからでした。
番組では中国出身の楊 依帆(ヤン・イホ)さんが、「門司猿喰あまざけ」の美味しさやあまざけに込めた「さるはみブランド委員会」の皆さんの思いをお伝えします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加