競歩ダイヤモンドアスリート 藤井菜々子選手/好きっちゃ北九州(平成30年6月12日放送)

今年、北九州市戸畑区の北九州市立高等学校を卒業した藤井菜々子選手は競歩の「ダイヤモンドアスリート」に選ばれました。「ダイヤモンドアスリート」とは、東京オリンピックに向けて日本陸上競技連盟が選出したU19(19歳以下)の競技者のことで、藤井選手は5000メートル競歩で21分33秒44の日本高校記録を持っています。
もともとは長距離走の選手だった藤井選手は、ケガのリハビリで始めたトレーニングをきっかけに競歩に転向、練習を始めてわずか2カ月後に初出場したインターハイで優勝しました。
番組では、藤井選手と同校陸上部の荻原監督にインタビューし、「ダイヤモンドアスリート」に選ばれた感想や競歩の魅力、北九州市への思いなどを語っていただきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加