放置自転車対策に取り組む学生たち Keeple/旬感北九州/(平成29年10月25日放送)

北九州都心の放置自転車の対策に取り組む若者たちがいます。その名は「Keeple(キープル)」。北九州市立大学の学生たちで作るグループです。毎月2回、小倉駅周辺を巡回しては、放置自転車にオリジナルのタグを取り付け、駐輪場の利用を呼びかけます。エリアごとに放置自転車数を集計。市役所や警察に報告します。また、タグをひらがなと英語表記にするなどして、新たに外国人の放置自転車対策にも取り組んでいます。
旬感ワードは「愛するまち」。放置自転車対策を通して、より良いまちづくりに貢献するKeepleの活動を紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加