【飛び出せ!サークル“ふくおか研”】後世に残し伝える ~東峰村災害伝承館~

平成29年7月九州北部豪雨災害の教訓を伝え、防災意識の向上に役立てるため、平成30年11月、九州大学の教授らが東峰村に「災害伝承館」を開館しました。
今回は、九州大学の教授らの取り組みともに、災害伝承館の展示内容についてご紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加