20180604立川DICE来季に向け会見

立川を拠点とする
アルバルク東京のB1リーグ制覇や
八王子トレインズのB2リーグ昇格、
また先月には、
3人制バスケの立川ダイスが、
日本選手権大会で優勝を果たすなど
今、多摩地域のバスケットボールが
盛り上がりをみせています。
そんな中、今日4日、
立川ダイスが リーグ戦の開幕を前に
記者会見を行いました。

「3×3」いわゆる
3人制バスケットボールの
プロチームである
「タチカワダイス」は、
街のにぎわい創出を目的に
立川商工会議所や
地元企業などがバックアップし
2016年に誕生。
昨シーズンは3×3の最高峰である
プレミアリーグに参戦し、
惜しくも総合3位という結果に
終わりました。

今日4日には、今週末からの
プレミアリーグ開幕を前に
立川商工会議所で
記者会見が行われました。

会見場には、
チームをバックアップする組織委員会の
佐藤浩二会長をはじめとする関係者らと
タチカワダイスから
選手ら6人が姿を見せ、
今シーズンの体制などを発表しました。

東京オリンピックの正式種目にも
採用されるなど
世界でも注目されている3×3。
チームでは、
今シーズンのテーマを
「立川から世界へ!」とし、
プレミアリーグの制覇と
その先にある世界大会への出場を
目標に掲げました。

また、今シーズンからは、
日本バスケットボール協会
JBAが主催する
ジャパンツアーにも
参戦することが発表され、
その活躍の場が広がりをみせています。

そんなチームには、
今シーズンから新たなメンバーの姿も。
中でも注目は、
2016年に現役を退き
現在、アルバルク東京の
ゼネラルマネージャー補佐などを務める
渡邉拓馬さん。
数えきれない輝かしい成績を持つ
日本バスケ界のレジェンドが
3×3のコートに
選手として帰ってきました。
また会見では、
今シーズンから女子チームが発足し、
プレミアリーグへ参戦することが
発表されました。
こちらも活躍が期待されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加