20180606みどり地区でヤギとのふれあいイベント

みどり地区は、
立飛ホールディングスが所有する
およそ3.9ヘクタールの敷地。
こちらでは、
2015年4月から
ヤギを使った除草作業が行われていますが、
今年から
新しい街区開発が始まっていて、
ヤギによる除草は、
今期が最後となります。

この日のイベントは、
ヤギと遊んで、触れ合うことで、
「みどり地区にヤギがいたことを
覚えておいてもらいたい」という思いで
行われ、738人が来場しました。

ニンジンや牧草など直接手渡しできる
えさやり体験や記念撮影のほか、
ヤギたちへ、お別れの手紙を書いたりと
ヤギとの触れ合いをゆったり楽しめるようになっていました。

今年は、開発工事が進み、
除草範囲が狭いことから
ヤギによる除草作業期間は、
7月までと短期間になっています。

除草作業の最終日となる
7月2日には、
「ヤギさんお別れ会」が開催され、
ヤギたちを送り出すそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加