20180403立川・国立さくらウォーキング2018

示このイベントは、1年に1度、桜のシーズンに
開催されているもので、市内を代表する
様々な桜の名所をコースに設定し
およそ8キロの距離を歩くものです。

この日は、天候にも恵まれ、
まさに絶好のウォーキング日和。
スタート地点のひとつである国立駅前には
イベントを楽しみにしている
人たちで賑わいを見せました。

国立駅発のコースと立川駅発の
2つのコースが設けられた今回の催し。
満開の桜の下を歩きながら、まずは
およそ1時間ほどで到着する
休憩ポイントのくにたち郷土館文化館を
目指します。
このイベントには、立川市や国立市
在住の方以外に、近隣の地域からも
多くの方が参加しており、地域観光、
商業復興を兼ねて開催しています。

そのため、くにたち郷土文化館では、
立川市、国立市の名産品の試食コーナーも
設けられており、歩くだけでなく
名産品に触れることができるのも
楽しみの一つです。

郷土文化館の次は、こちらも桜の名所として
知られている立川市の根川緑道へ向かいます。
根川緑道では、桜だけでなく
様々な自然に触れることができ、参加者の
目を楽しませていました。

この日の参加者は1500名を超え、
小学生から年配の方まで幅広い層の
方が参加し、桜の名所を見ながら
ゴールを目指しました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加