201711230「命の授業」蓮池薫さん講演会

大勢の生徒の拍手で出迎えられた蓮池薫さん。
北朝鮮による拉致の被害者として
1978年から24年の間、
北朝鮮での生活を余儀なくされ、
北朝鮮が日本人の拉致を認めた2002年、
ほかに拉致された4人とともに帰国しました。

午後の時間を使って行われた講演会では
立川第7中の全校生徒480人が集まり、
命の授業というテーマのもと
蓮池さんから実際に拉致被害にあった時の
話や北朝鮮での暮らしぶりについての
話などがされました。

赤裸々に、
時には生々しく語られる実体験の話に
熱心に聞き入る生徒たち。

講演の中で蓮池さんは
未だ解決していない拉致問題の話を踏まえ、
将来の夢や、やりたいことを
自由に選べる大切さを感じてほしいと、
生徒たちにメッセージを送りました。

講演会のあとは1年生の代表クラスで
特別授業が行われ、
参加した40人の生徒たちは、
講演会の感想を伝えたり
思い思いの質問を投げかけたりして 
蓮池さんと交流しました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加