障害理解啓発動画~「もっとたくさんのコミュニケーションがある街へ」~

やりたいことがあっても、少しの障壁により支援が必要なことがある、それは障害のある方もない方も一緒。その方の状況や場所によって求める支援方法は異なります。お互いが支え合うために、まずは気軽に一声かけてほしい。
脳性まひで車いすを使用している男性と、視覚障害と両下肢障害を持つ女性をモデルに、気軽にコミュニケーションを取ることの大切さを伝える動画です。(2018年12月公開作品)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加