東京都提供番組 東京クラッソ!NEO『レトロな街角のおもひで』

関根勤さん、本田朋子さんをMCに迎え、ディープな東京の魅力を発信していく“東京クラッソ!NEO”
今回は特に、昭和初期の関東大震災以降に大流行した“看板建築”と呼ばれる建物に注目。
番組初登場の“ブリリアンの2人が「看板建築展」開催中の江戸東京たてもの園へ.。
映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった神田の文具店は、店内も当時のままの姿で残され、引き出しの中までもが緻密に再現されている。

後半は多くの“看板建築”に出会えるという街、青梅をぶらり。ここでは、看板建築が新たな形で利用されている。
昨年オープンしたばかりのゲストハウス兼カフェは、アンティークなムードに、外国人旅行者の宿泊も多いという。

東京生まれの看板建築。その魅力は、世代も国境も越えていく。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加