医療関係の手話を覚えましょう・その2

皆さん、こんにちは。手話教室です。今日は、医療関係の手話の続きで、「検査」に関する手話を勉強したいと思います。検査といっても様々で、細かい説明が必要なときは手話通訳をつけてください。日常的に使われる手話は、担当の方にも覚えていただけると安心できます。それでは、手話の勉強を始めましょう!今回は「採血」の場面です。
「血(血液)」「採血」「大丈夫」「どちら」「構わない」「消毒(アルコール)」「かぶれる」「針を刺す」「針を抜く」「痛い」「1分」「止まる」「~くらい」「尿」「採尿」「トイレ」「決まる(指定する)」「場所」「ご苦労様」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加