やってみまっし、食べてみまっし!がん患者さんのためのお食事③「豆乳茶碗蒸し」

金沢市では、がん患者が自分らしく暮らせるよう、関係機関と連携して支援を行っています。今回はその一つとして、NPO法人がんとむきあう会と協働して「がん患者さんのための料理レシピ動画」を作成しました。

治療の影響により、味覚や嗅覚に変化が生じている患者さんであっても、ご家族と同じ食事が楽しむことができるように材料や調理法を工夫したレシピとなっています。

【「豆乳茶碗蒸し」やってみまっしポイント】
 豆乳の旨みを利用してみましょう。
 銀あんで口当たりがよくなります。
 塩味を強く感じる方は、卵液にめんつゆを入れず、銀あんで味の調整をしてみてください。
 卵液は保存袋で冷凍できます。

【調理時間】
 20分

【栄養量(1人分)】
 エネルギー97kcal/たんぱく質7.5g/脂質4.2g/炭水化物7.3g/塩分1.6g/亜鉛0.7g

【材料(2人分)】
 [卵液]
   卵 1個
   めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
   水 3/4カップ
   無調整豆乳 1/2カップ

 ・しいたけ(薄切り) 1枚
 ・かまぼこ(薄切り) 20g
 ・三つ葉(1cm長さに切る) 少々
 
 [銀あん]
  めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ2
  水 1/2カップ
  片栗粉(小さじ2の水で溶く) 小さじ1

【作り方】
 ① [卵液]を作る。ボールに卵を溶き、めんつゆ・水を入れて混ぜザルでこして豆乳と合わせる。
 ② 器に①を流し入れ、しいたけ・かまぼこをのせ、フライパンに移して水をはり、中火で12~15分ほど蒸す。蒸し上がったら三つ葉を添える。
 ③ 別の鍋でめんつゆを入れて熱し、水溶き片栗粉を加え[銀あん]を作り、②にかける。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加