動画で観る福井 紙の郷で歴史と文化に触れる 「大瀧神社・岡太神社」

越前和紙の里として知られる、越前市の「五箇」と呼ばれる5つの集落は、現在も紙漉きが営まれ、越前和紙の産地となっています。
今から1500年ほど前、継体天皇が越前に居たころ、村里の岡太川の上流に美しい姫が現れ、「この地は清らかな水に恵まれているから、この水で紙漉きをして生計を立てよ」と、紙漉きの技を里人に教えたといわれています。
この教えを受けた人々は、この姫を「川上御前」とあがめ奉り岡太神社を建てて祀りました。
また、泰澄大師が川上御前を偲んで大瀧神社を建立しました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加