江差追分・高井收さん

髙井收 氏のお話です。「私は、師匠である青坂満先生の江差追分に惚れ込み、青坂先生のご指導を受けながら、35年間続けています。

漁師一筋に歩んでこられた青坂満先生のお言葉『人には想い(念)がある。人それぞれに念がある。その想い(念)を伝えるのが追分の唄だ』という、漁師生活の苦悩や喜びが込められ江差追分に、今なお感動し魅了されています」。

▶ エンジョイ!北海道
https://ehokkaido.net/archives/17418

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加