ご縁の国しまねの建設

建設産業は、道路・河川などの社会インフラや住宅・学校などの身近な施設整備の担い手として重要な役割を担っています。また、災害や大雪時には、道路啓開作業や電気・ガス・水道などのライフラインの復旧に当たるなど、地域の安全・安心に貢献しています。
しかしながら、いわゆる「3K」などのマイナスイメージから、建設産業への若者の入職が進んでいない現状があります。
このような建設産業に対するマイナスイメージを払拭するため、建設産業の魅力発信やイメージアップ、処遇改善に向けた取り組みを紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加