総社市中央公民館 常盤第2分館の落成式(2018年11月)

総社市中央公民館常盤第2分館が完成し、落成式が行われました。市長は、地元出身で同館の表札を書いた髙木聖雨さんらとテープカットを行い、「常盤は人口が増えている地域。この分館を拠点として、これからもさらに発展させていきましょう」とあいさつしました。
 式では、施工業者へ感謝状の贈呈や分館の新役員へ委嘱状を交付したほか、常盤幼稚園児が歌と踊りを披露しお祝いしました。
 常盤第2分館は鉄骨平屋建で、敷地面積は1842.42㎡、事業費約2億1900万円をかけて整備。大会議室や展示ホール、調理室、和室のキッズルームなどが設けられています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加