2019そうじゃ吉備路マラソン募集PRセレモニー(2018年10月)

来年2月24日(日)に開催される、「復興支援チャリティマラソン2019そうじゃ吉備路マラソン」の参加者募集が11月1日(木)から始まるのを前に、募集PRセレモニーが開催されました。
 市役所玄関前で行われたセレモニーには、市と共催する山陽新聞社の越宗孝昌会長、市長、市議会議員らが出席。「出場者募集」と書かれた懸垂幕を下ろし、募集開始をPRしました。
 越宗会長は、「総社・真備をはじめとした豪雨の被災者が前を向き歩んでいることをPRできる活気ある大会にしたい」と、市長は、「多数の被害が出た豪雨災害を乗り越えないといけない。そのキックオフとして有森裕子さんを招き、大いに開催したい」と意気込みを語りました。
 エントリーは郵便振替もしくはランネットで受付。詳細は、市ホームページ内そうじゃ吉備路マラソン募集案内ページで確認できます。
 また、復興支援の一環として、参加費とは別に寄付金を募ります。1口1000円でオリジナルリストバンドを返礼。寄付金は、西日本豪雨と北海道胆振東部地震の被災地に贈られます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加