特設公衆電話の設置・利用・管理等に関する協定締結式の様子

2017年12月に行われた、特設公衆電話の設置・利用・管理等に関する協定締結式の様子です

市と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)岡山支店は、特設公衆電話の設置・利用・管理等に関する協定を締結しました。
 この協定は、大規模災害が発生した際、避難所へ避難した被災者の通信手段を確保するために、市内の小中学校と高等学校に通信回線を設置し、即座に特設公衆電話が利用できるようにするものです。
 この日、市役所で締結式があり、市長と西日本電信電話株式会社岡山支店の西谷紀彦支店長が協定書に署名・押印。西谷支店長は、「もしもの災害時、1番大事なのは情報。有線での通信が最後の安心・安全を与える材料。今回、総社市民の安全・安心を提供できる使命を与えていただきありがたく思っています」とあいさつ。市長は、「また一つ強力な味方ができました。もし避難所を開設したときはよろしくお願いします」とあいさつしました。
 西日本電信電話株式会社岡山支店が県内の自治体と同様の協定を結ぶのは、総社市が15市目。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加