最期まで自分らしく~伝えよう、あなたの思い(6)

いざという時のために、元気なうちに自分の思いを伝えておこうという取り組みが県内各地で始まっています。奈義町では、町民や医療関係者が協力して「エンディングノート」を作りました。医師の指導のもと、RSKの石田アナと奥富アナもノートを書いてみることに。

【企画】
保健福祉部医療推進課

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加